オリックス銀行は口座開設不要

審査時間と融資までの時間

オリックス銀行カードローンの審査時間は、「最短即日」です。しかし、ウェブのFAQを見ると目安として2~3日、土日祝日が間に入る場合は、5日間程度と書いてあります。

また、最短即日で審査が通っても、その日のうちにお金を借りることはできません。ローンカードが自宅に郵送されてはじめてATMや振込融資手続きでお金を借りる事ができます。オリックス銀行カードローンはカード発行機が無く、カード受け取り前の振込み融資にも対応していません。

このようなことから、オリックス銀行カードローンは余裕を持って申し込みをした方がいいということです。お金を借りなくてもカードだけ作っておくこともできるので、将来に備えていま作っておくというのもいい考えだと思います。

独自に収集した体験談のアンケートによると即日審査できた人もいますが、2~3日という人の方が多いようです。またローンカードが自宅に届くまでは最短で平均すると5~7日といったところです。→ 体験談はこちら

他の銀行の場合、即日融資に対応している銀行もありますが、既に口座を持っていたりインターネットバンキングの契約があったりと等の条件が付くこともあり必ずしも即日融資できるとは限らないようです。

ですから、本当に急いでいるときは、金利は銀行より高めですが消費者金融のプロミスやアコム、アイフル、モビットなどの方がいいと思います。

カードローン各社の即日審査、即日融資の状況

サービス 審査時間 融資までの時間
オリックス銀行カードローン 最短即日 ローンカードが届いてから即日
三井住友銀行カードローン 最短30分 最短即日
(カードの受取をローン契約機で行えば)
三菱UFJ銀行カードローン 最短30分 最短即日
(カードの受取をテレビ窓口を利用した場合)
楽天銀行スーパーローン 最短即日 最短即日
(振込による融資)
みずほ銀行カードローン 最短即日 最短即日
(既に口座を持っている場合)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 最短60分
(既に口座を持っている場合)
最短60分
(既に口座を持っている場合)
新生銀行カードローン レイク 最短即日 最短即日
(振込による融資)
イオン銀行カードローンBIG 最短即日
(既に口座を持っている場合)
最短即日
(既に口座を持っている場合)
セブン銀行カードローン 最短10分 最短即日
(既に口座を持っている場合。口座の新規開設には1〜2週間かかる)

銀行の審査は遅い、そんなことが当たり前だった頃もありました。お金を借りるだけなのに口座開設をするのは無駄ですよね。しかし、最近ではオリックス銀行のように口座開設不要で最短即日審査というスタイルは当たり前になりつつあります。中には即日融資にも対応している銀行も出てきました。

即日融資といえば消費者金融が得意とするところでしたが、銀行も同じ土俵で戦いを挑んできたと言えるでしょう。しかし、銀行の即日融資は既に銀行口座を持っているとか、ローン契約機でカードを受け取ったらなど、いろいろと条件が付く事があるので急いでるときは注意が必要です。

やっぱりお金が必要なときって急いでることが多いので、オリックス銀行さんにも即日融資には対応してほしいですね。

オリックス銀行カードローンの詳細



関連記事

    融資限度額は最高800万円

    オリックス銀行カードローンの融資限度額は最高800万円。みずほ銀行やジャパンネット銀行など最高1,000万円のサービスも出てきましたが、一般的にみて最高800万円の融資限度額は十分ではないでしょうか? ただ、限度額は審査によって決まりますが、最初から最高額が設定されることはありません。は... 記事を読む

    業界最低クラスの低金利

    金利については、3.0% ~ 17.8% で最低金利は3.0%と他行と比べて最低クラスです。ただ、最高金利の17.8%は銀行カードローンの中では高い方で消費者金融並みです。 また、融資枠が低いと金利は高くなるので、はじめは最高の17.8%が設定されると思って間違いないでしょう。 た... 記事を読む

    ATM手数料が無料

    ATM手数料なんて、たったの100円~200円くらいなものだろうと思うかもしれませんが、借りるときだけでなく返済するときも手数料はかかるので、ちりも積もれば山となるで知らないうちに意外と負担になってきます。 オリックス銀行カードローンは、提携ATMの利用手数料は借入・返済ともに終日無料で... 記事を読む

    融資金額は最低1,000円から

    オリックス銀行カードローンのあまり知られていない特徴として、最低1,000円から借りれるという点です。他の銀行や消費者金融などでは一般的には10,000円単位での融資が普通です。なぜこれが特徴なのかというと、借り過ぎ防止になるからです。 お金が足りないときって必ずしも1万円も必要じゃない... 記事を読む

このページの先頭へ